top of page
  • Yasuhiro Koma

2023年ラグビー日本代表 選手紹介


ラグビー日本代表が世界の強豪国と激闘を繰り広げて、世界中に驚きと感動を与えた2019年ラグビーワールドカップから4年経ち、2023年9月からフランス大会が開催されます。

フランスの地で強豪国と戦う日本代表について紹介をいたします。

ラグビー日本代表の今後のスケジュールは9月のワールドカップに向けて6月から合宿を行い、

7月8月にニュージーランド代表と2戦、サモア代表・トンガ代表フィジー代表と1戦ずつ、イタリア代表と1戦して、フランスでのワールドカップ本番を迎えます。



<日本代表>※計36名

■FW:19名

PR

稲垣 啓太

埼玉パナソニックワイルドナイツ/関東学院大学

186cm/116kg

1990/6/2 45caps


クレイグ・ミラー

埼玉パナソニックワイルドナイツ/オタゴ大学[NZL]

186cm/116kg

1990/10/29 9caps


シオネ・ハラシリ

横浜キヤノンイーグルス/日本大学

180cm/120kg

1999/10/15 0cap


具智元

コベルコ神戸スティーラーズ/拓殖大学

183cm/117kg

1994/7/20 21caps


垣永 真之介

東京サントリーサンゴリアス/早稲田大学

180cm/115kg

1991/12/19 11caps


ヴァル アサエリ愛

埼玉パナソニックワイルドナイツ/埼玉工業大学

187cm/115kg

1989/5/7 23caps



HO

堀江 翔太

埼玉パナソニックワイルドナイツ/帝京大学

180cm/104kg

1986/1/21 68caps


坂手 淳史

埼玉パナソニックワイルドナイツ/帝京大学

180cm/104kg

1993/6/21 33caps


堀越 康介

東京サントリーサンゴリアス/帝京大学

175cm/100kg

1995/6/2 7caps



LO

ジェームス・ムーア

浦安D-Rocks/ブリスベンステート高校[AUS]

195cm/110kg

1993/6/11 13caps


ヘル ウヴェ

クボタスピアーズ船橋・東京ベイ/拓殖大学

193cm/120kg

1990/7/12 16caps


サウマキ アマナキ

コベルコ神戸スティーラーズ/トゥポウカレッジ

189cm/108kg

1997/3/8 0cap


ワーナー・ディアンズ

東芝ブレイブルーパス東京/流通経済大学付属柏高校

201cm/117kg

2002/4/11 7caps



LO/FL

アマト・ファカタヴァ

リコーブラックラムズ東京/大東文化大学

Daito Bunka Univ.

195cm/118kg

1994/12/7 0cap


ジャック・コーネルセン

埼玉パナソニックワイルドナイツ/クインズランド大学[AUS]

195cm/110kg

1994/10/13 12caps



FL

福井 翔大

埼玉パナソニックワイルドナイツ/東福岡高校

186cm/101kg

1999/9/28 0cap


姫野 和樹

トヨタヴェルブリッツ/帝京大学

187cm/108kg

1994/7/27 25caps


リーチ マイケル

東芝ブレイブルーパス東京/東海大学

189cm/113kg

1988/10/7 78caps


No.8

ファウルア・マキシ

クボタスピアーズ船橋・東京ベイ/天理大学

187cm/112kg

1997/1/20 5caps



■BK:17名

SH

齋藤 直人

東京サントリーサンゴリアス/早稲田大学

165cm/73kg

1997/8/26 11caps


流 大

東京サントリーサンゴリアス/帝京大学

166cm/75kg

1992/9/4 30caps


福田 健太

トヨタヴェルブリッツ/明治大学

173cm/80kg

1996/12/19 0cap



SO

李 承信

コベルコ神戸スティーラーズ/大阪朝鮮高級学校

176cm/85kg

2001/1/13 6caps


松田 力也

埼玉パナソニックワイルドナイツ/帝京大学

181cm/92kg

1994/5/3 29caps



CTB

ニコラス・マクカラン

東芝ブレイブルーパス東京/帝京大学

188cm/93kg

1996/6/13 0cap


中村 亮土

東京サントリーサンゴリアス/帝京大学

182cm/92kg

1991/6/3 33caps


長田 智希

埼玉パナソニックワイルドナイツ/早稲田大学

179cm/kg90

1999/11/25 0cap


中野 将伍

東京サントリーサンゴリアス/早稲田大学

186cm/98kg

1997/6/11 6caps


ディラン・ライリー

埼玉パナソニックワイルドナイツ/ボンド大学[AUS]

187cm/102kg

1997/5/2 10caps



WTB

シオサイア・フィフィタ

花園近鉄ライナーズ/天理大学

187cm/105kg

1998/12/20 12caps


木田 晴斗

クボタスピアーズ船橋・東京ベイ/立命館大学

176cm/90kg

1999/4/9 0cap


セミシ・マシレワ

花園近鉄ライナーズ/フィールディング高校[NZL]

181cm/93kg

1992/6/9 2caps


ジョネ・ナイカブラ

東芝ブレイブルーパス東京/摂南大学

177cm/95kg

1994/4/12 0cap



FB/WTB

松島 幸太朗

東京サントリーサンゴリアス/桐蔭学園高校

178cm/88kg

1993/2/26 47caps


FB/SO

山中 亮平

コベルコ神戸スティーラーズ/早稲田大学

188cm/98kg

1988/6/22 27caps


小倉 順平

横浜キヤノンイーグルス/早稲田大学

172cm/82kg

1992/7/11 4caps



<日本代表候補>※計10名

■FW:7名

PR

小林 賢太

東京サントリーサンゴリアス/早稲田大学

181cm/112kg

1999/6/2 0cap


伊藤 平一郎

静岡ブルーレヴズ/早稲田大学

175cm/115kg

1990/10/5 6caps



HO

中村 駿太

東京サントリーサンゴリアス/明治大学

176cm/98kg

1994/2/28 0cap


FL

ピーター・ラブスカフニ

クボタスピアーズ船橋・東京ベイ/フリーステート大学[RSA]

189cm/106kg

1989/1/11 15caps


下川 甲嗣

東京サントリーサンゴリアス/早稲田大学

188cm/105kg

1999/1/17 1cap


ベン・ガンター

埼玉パナソニックワイルドナイツ/ブリスベンボーイズカレッジ[AUS]

195cm/120kg

1997/10/24 5caps


テビタ・タタフ

東京サントリーサンゴリアス/東海大学

183cm/124kg

1996/1/2 15caps



■BK:3名

SH

茂野 海人

トヨタヴェルブリッツ/大東文化大学

170cm/75kg

1990/11/21 16caps


WTB

高橋 汰地

トヨタヴェルブリッツ/明治大学

180cm/91kg

1996/6/24 1cap


WTB

レメキ ロマノ ラヴァ 

NECグリーンロケッツ東葛/ランコーン高校[AUS]

178cm/96kg

1989/1/20 16caps


以上46名が日本代表として合宿に参加するメンバーになります。日本代表候補の10名は代表選手に怪我やアクシデントが起きた際に召集される可能性が高いメンバーです。



この中で各ポジションの注目選手を紹介します!

プロップ/稲垣啓太

稲垣選手はフッカーの堀江翔太選手と並んで日本代表フロントローの顔と言っても過言ではない存在。日本代表のフォワードは世界の強豪国と比べても体格で劣るとされていますが、日本のスクラムは「姿勢の低さ」「団結力(力を入れるタイミングが揃っている)」とされていて、世界トップクラスの強さを誇ります。

そのスクラムの中心となるのが稲垣選手です。「笑わない男」というキャラクターが先行してテレビなどのメディアでは扱われていますが、日本代表の文字通り最前線に立って戦ってきた稲垣選手のスクラムの技術、攻守におけるハードワークはフランスW杯でも要注目です!



フッカー/堀江翔太

ドレッドヘアが特徴の堀江翔太選手。日本代表の中でも目をひくルックスをしていますが、特筆すべきはオフロードパスのセンスです。タックルを受けて倒れながら味方選手にパスを出すオフロードパスは、流れるようにオフェンスを展開していく日本代表のラグビーに必須な技術。

37歳のベテランの技術を得点に絡む要所で見せてくれることを期待しましょう!



ロック/ワーナー・ディアンズ

代表キャップ数は7と若いですが、次世代の日本代表のセカンドローを支える期待の選手です。

高い突破力を持つランで攻撃の起点になってくれることが期待されます!



バックロー/姫野和樹

姫野選手は日本が誇る世界トップクラスのフランカー。タックル回数、タックルの精度はもちろんのこと、相手選手からボールを奪うジャッカルの技術、ランの突破力と、類まれなパワーを持った選手です。

その能力は2021年にハイランダーズの一員として参加したスーパーラグビーアオテアロアでも証明済み。前回大会に引き続き更なる活躍を見せてくれるでしょう!



スクラムハーフ/齋藤直人

日本代表としての実績は流選手が上ですが、卓越したゲームセンスを持つ齋藤選手による素早いゲームメイクに期待したいです



スタンドオフ/李 承信

帝京大学を中退してトップリーグの神戸製鋼に入団した李 承信選手。攻撃的にバックスを展開させるゲームメイクをフランスで見せてくれるのが楽しみです



センター/中村亮土

前回ワールドカップで安定したパフォーマンスを披露した中村選手。確実に相手を止めるタックルの技術はもちろん、パスやキックのスキルは4年前からさらに向上していて、バックスの中心として安定した活躍に注目です!



ウィング・フルバック/松島幸太郎

日本が世界に誇るバックス、松島幸太郎。スーパーラグビー、フランスTOP14の名門クレルモン・オーヴェルニュ、トップリーグ・リーグワンで、世界屈指のランからトライを量産するトライゲッターです。

2歩目、3歩目でトップスピードに乗る加速力、スピードと勢いを殺さずに相手を翻弄するステップ、一発のタックルでは倒されない驚異的なボディバランス、オフザボールの動きも抜群に良く、トライへと繋げるポジショニングは一級品です。



日本代表の特徴

体格がものを言うラグビーにおいて、日本代表が世界の強豪国と比べて体格に劣ることは事実です。しかし、ラグビーでは体格の優位をひっくり返す要素は”どれだけハードワーク”をするか、”どれだけ連携の取れたプレーを行えるか”と言う点です。

オフェンスでは、タックルされてもどれだけ早く立ち上がり攻撃に参加できるか

ディフェンスでは、ボールを持った相手にどれだけ強いタックルが出来るか、自分よりも大きな選手でもタックルを仕掛けてコンマ1秒でも相手の動きを止められるか

80分間絶え間なく攻撃を仕掛けて、相手の攻撃を抑え込めるか、シンプルながらこの2点が重要になります。

現在の日本のラグビーはニュージーランド代表のような、流れるようにパスとランを繋いで一気呵成にトライを奪うスピーディーな展開を得意としています。このラグビーを成功させるためには、15人の選手がそれぞれどう動くべきかを反射的に感じ取って動く必要があります。

2019年W杯で見せた日本のラグビーは、4年をかけてさらに進化して、またも世界をアッと驚かしてくれることでしょう!


このウェブサイトは株式会社WASABIZによって運営されています。無断複製、転載を禁止します。


Comentários


bottom of page