top of page
  • Yasuhiro Koma

ラグビー イングランド代表


ラグビーは1823年イングランドの有名なパブリックスクールであるラグビー校でのフットボールの試合中、ウェブ・エリス少年がボールを抱えたまま相手のゴールを目指して走り出したことが起源とされていて、ラグビーというスポーツの名称は学校の名前から来ています。

このウェブ・エリスが最初にボールを抱えて走り出したか、という点は伝説的な要素を孕んでいて、確証は持てませんがラグビーフットボールの起源を調べる上で考案者として残っている名前はウェブ・エリスが最古のものです。

4年に一度開催されるラグビーの祭典、ラグビーワールドカップの優勝トロフィーはこのウェブ・エリスの名前を冠して「ウェブ・エリス・カップ」と言います。

1871年にイングランドはスコットランドと史上初めてのテストマッチを行い、以来北半球の最強国として君臨し、2003年のラグビーW杯では北半球の国として唯一の優勝を成し遂げています。


イングランドはウェールズ、スコットランド、アイルランド、フランス、イタリアの六カ国でシックス・ネーションズという対抗戦リーグを形成し、毎年冬に激戦を繰り広げていて、イングランドは最多の29回の優勝を決めており、名実ともに最強国なのです。

しかし直近10年の戦績を見ると、2015年W杯ではプール戦敗退という最強国らしからぬ結果に終わって、日本代表を南アフリカ相手に歴史的な勝利を挙げさせた名将エディー・ジョーンズをヘッドコーチに招聘し、2016年はシックス・ネーションズで全勝優勝、2017年と2020年も優勝、2019年W杯では準優勝と大復活を成し遂げるものの、アイルランド、スコットランド、フランスといったチームが台頭してきたため、2023年シックス・ネーションズでは4位に終わり、世界ランクも6位となっています。

直近の成績が振るわなかったためか、ヘッドコーチはエディー・ジョーンズからアンドリュー・ボースウィックへと交代。エディー・ジョーンズはオーストラリア代表のヘッドコーチに就任しました。

タレント揃いのイングランド代表がどのように復活劇を見せてくれるのか要注目ですが、まずは復活劇を演じるための直近の代表メンバーを確認しましょう。

2023年シックスネーションズ終了時の代表メンバーになります。




Forwards

PR

マコ・ヴニポラ

サラセンズ / Porth County Community School

180cm / 126kg

1991/1/14 79caps


ダン・コール

レスター・タイガース / Wyggeston and Queen Elizabeth I College

191cm / 118kg

1987/5/09 100caps


エリス・ジェンジ

ブリストル・ベアーズ / John Cabot Academy

186cm / 120kg

1995/2/16 48caps


ジョー・ヘイズ

レスター・タイガース / Wyggeston and Queen Elizabeth I College

189cm / 126kg

1999/4/13 7caps


ビーヴァン・ロッド

セール・シャークス / Sedbergh School

183cm / 118kg

2000/8/26 2caps


カイル・シンクラー

ブリストル・ベアーズ / Graveney School

183cm / 120kg

1993/3/30 61caps



HO

ジェイミー・ジョージ

サラセンズ / Haileybury and Imperial Service College

183cm / 114kg

1990/10/20 77caps


トム・ダン

バース / University of Bath

187cm / 106kg

1992/11/12 3caps


ジャック・ウォーカー

ハーレクインズ / Settle College

186cm / 101kg

1996/5/06 3caps



LO

マロ・イトジェ

サラセンズ / SOAS University of London

195cm / 115kg

1994/10/28 67caps


オーリー・チェサム

レスター・タイガース / Carre’s Grammars School

201cm / 118kg

2000/9/06 9caps

ジョニー・ヒル

セール・シャークス / Ludlow School

201cm / 112kg

1994/6/8 19caps


ニック・イシエクェ

サラセンズ / Haileybury and Imperial Service College

200cm / 120kg

1998/4/20 11caps


デイヴィッド・リバンズ

ノーザンプトン・セインツ / Somerset College

202cm / 116kg

1995/8/29 4caps



FL/No.8

ベン・カリー

セール・シャークス / Bishop Heber High School

185cm / 106kg

1998/6/15 5caps


アレックス・ドンブラント

ハーレクインズ / Cardiff Metropolitan University

191cm / 118kg

1997/4/29 14caps


ベン・アール

サラセンズ / Queen Mary University

186cm / 102kg

1998/1/07 15caps


ルイス・ラドラム

ノーザンプトン・セインツ / St Joseph’s College

192cm / 104kg

1995/12/08 10caps


サム・シモンズ

エクスター・チーフス / Ivybridge Community College

183cm / 93kg

1994/11/10 18caps


ジャック・ウィリス

トゥールーズ / Henley College Berkshire

190cm / 110kg

1996/12/24 10caps



Backs

SH

ベン・ヤングス

レスター・タイガース / Wyggeston and Queen Elizabeth I College

178cm / 92kg

1989/9/8 122caps


アレックス・ミッチェル

ノーザンプトン・セインツ / Lyme High School

177cm / 84kg

1997/5/25 4caps


ジャック・ヴァン・ポルトリエット

レスター・タイガース / Oakham School

183cm / 84kg

2001/5/15 9caps



SO

オーウェン・ファレル

サラセンズ / University of Hertfordshire

188cm / 96kg

1991/9/24 106caps


フィン・スミス

ノーザンプトン・セインツ / Warwick School

178cm / 87kg

2002/5/11 0cap


マーカス・スミス

ハーレクインズ / Brighton College

175cm / 82kg

1999/2/14 23caps



CTB

ダン・ケリー

レスター・タイガース / Loughborough University

185cm / 100kg

2001/6/16 1cap


オーリー・ローレンス

バース / Bromsgrove School

180cm / 101kg

1999/9/18 11caps


ジョー・マーチャント

ハーレクインズ / Peter Symonds College

183cm / 89kg

1996/7/16 15caps


マヌ・トゥイラギ

セール・シャークス / John Cleveland College

185cm / 109.8kg

1991/5/18 51caps



WTB

オーリー・ハッセル=コリンズ

レスター・タイガース / St.Bartholomew’s School

192cm / 104kg

1999/1/17 2caps


ケイダン・マリー

ハーレクインズ / Bishop Wordsworth’s School

175cm / 82kg

1999/7/31 0cap


FB

トミー・フリーマン

ノーザンプトン・セインツ / Moulton College

188cm / 102kg

2001/3/05 2caps


マックス・マリンズ

サラセンズ / University of Hertfordshire

180cm / 88kg

1997/1/07 15caps


フレディー・スチュワート

レスター・タイガース / Norwich School

196cm / 107kg

2000/12/05 18caps




トム・カリー、コートニー・ローズ、ビリー・ヴニポラ、ヘンリー・スレイド、エリオット・デイリー、ルーク・カウワン=ディッキーといった錚々たるメンバーが怪我で離脱中で、特にバックス陣の中でもウィングとフルバックの経験不足が不安視されるメンバーになっています。

上記メンバーで注目選手は、いまだに最強と恐れられるフロントローのマコ・ヴニポラ、カイル・シンクラー、ダン・コールズ、エリス・ジェンジら、世界最高のロックと名高いマロ・イトジェ、実直かつハードに動き回るバックロー陣、そしてベン・ヤングスとオーウェン・ファレルのハーフバックコンビです。

バックローとバックスの経験不足が否めませんので、経験溢れる選手をW杯までに追加召集する可能性もありますが、若手の成長と活躍も含めてイングランドの泥臭く気迫溢れるプレーで勝利する姿が楽しみです。

イングランド代表は8月にウェールズと2戦、フィジーと1戦してから9月9日アルゼンチンとの初戦、そして9月17日に日本代表と激突します。

日本とイングランドは2022年11月にテストマッチを行い、13対52で日本が大敗を喫していますが、何が起きるか分からないW杯の舞台で日本がラグビーの母国イングランド相手にどのような勝負を見せてくれるか楽しみです!


このウェブサイトは株式会社WASABIZによって運営されています。無断複製、転載を禁止します。


Comments


bottom of page