top of page
  • Yasuhiro Koma

ラグビー アイルランド代表


2021年から世界ランク1位に躍り出て、それから2年あまり強豪国を退け続けているラグビーアイルランド代表。

前回2019年WRCで日本が接戦の上勝利したことは、日本のラグビーファンの記憶に新しいことですが、次回WRCに向けてアイルランドは持ち前の屈強なフィジカルに磨きをかけ、強豪ひしめくヨーロッパの中でも異次元とも言えるハードワークを実現させてきています。

先にアイルランドという国について説明を簡単に致しますと、イギリスの主要領土であるブリテン島の西側にあるアイルランド島を領土とする国家です。

ラグビーアイルランド代表はアイルランドと北アイルランドに所属する選手で、より細かくいうとアイルランドラグビー協会の4つの支部(レンスター、マンスター、アルスター、コナート)に登録されている選手が、ラグビーアイルランド代表になる資格を与えられています。



この4つの支部はそれぞれプロチームとして、PRO14というリーグ戦でスコットランド・ウェールズ・イタリア・南アフリカのチームと鎬を削る戦いを繰り広げています。

そして、アイルランド代表は、W杯終了後に結成されて南半球の強豪国と戦うドリームチーム、ブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズにも選出されるため、世界のラグビーファンが注目するチームの一つでもあります。

余談ですが、このブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズはイングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドの代表選手から結成されますが、この四カ国(スコットランドとウェールズはイギリスのカントリー(自治体)ですが)は1890年に結成された国際ラグビーフットボール評議会(現在のワールドラグビー)の創立メンバーです。




現在世界ランキング1位と名実ともに世界最強でありながら、ラグビーワールドカップではベスト8の壁を超えられていないアイルランド代表。召集されている40名を紹介していきます



*Forwards (22)*

PR

フィンレイ・ベアラム

コナート/アスローン・バッカニアーズ

188cm / 118kg

1991/10/09 30caps


タッド・ファーロング

レンスター/クロンターフFC

185cm / 125kg

1992/11/14 65caps


シアン・ヒーリー

レンスター/クロンターフFC

184cm / 116kg

1987/10/07 123caps


デイブ・キルコイン

マンスター/UL ボヘミアンズ

183cm / 111kg

1988/12/14 51caps


トム・オトゥール

ウルスター/バリーナヒンチRFC

183cm / 121kg

1998/09/23 9caps


アンドリュー・ポーター

レンスター/UCD・ダブリンRFC

185cm / 114kg

1996/01/16 53caps



HO

ロブ・ヘリング

ウルスター/バリーナヒンチRFC

185cm / 105kg

1990/04/27 34caps


ローナン・ケラハー

レンスター/ランズダウン

183cm / 110kg

1998/01/24 21caps


ダン・シーハン

レンスター/ランズダウン

191cm / 110kg

1998/09/18 17caps


トム・スチュワート

ウルスター/バリーナヒンチRFC

183cm / 103kg

2001/1/11 0cap



LO

ライアン・ベアード

レンスター/ダブリン大学

198cm / 113kg

1999/07/26 11caps


タイグ・バーン

マンスター/ランズダウン

198cm / 113kg

1992/01/08 38caps


イアン・ヘンダーソン

ウルスター/ベルファスト・王立アカデミー

199cm / 116kg

1992/02/21 72caps


ジョー・マカーシー

レンスター/ダブリン大学

198cm / 119kg

2001/03/26 1cap


ジェームズ・ライアン

レンスター/UCD・ダブリンRFC

201cm / 115kg

1996/07/24 53caps


キアラン・トレッドウェル

ウルスター/バリーミーナRFC

198cm / 115kg

1995/11/06 11caps



FL

ジャック・コーナン

レンスター/オールド・ベルヴェデレ

193cm / 110kg

1992/07/29 38caps


ギャビン・クーブスGavin Coombes (Munster/Young Munster)

マンスター/ヤング・マンスター

198cm / 110kg

1997/12/12 2caps


ケーラン・ドリス

レンスター/セイント・メアリー大学

193cm / 106kg

1998/04/02 28caps


ピーター・オマホニー

マンスター/コーク・コンスティチューション

191cm / 107kg

1989/09/17 94caps


シアン・プレンデルガスト

コナート/コリンシアンズ

193cm / 112kg

2000/02/23 1cap


ジョシュ・ファン・デル・フリール

レンスター/UCD・ダブリンRFC

188cm / 103kg

1993/04/25 50caps



*Backs (20)*

SH

カオリン・ブレイド

コナート/ガルウェジアンズ

170cm / 80kg

1994/04/29 1cap


ジャミソン・ギブソン=パーク

レンスター/タラナキ(ニュージーランド)

175cm / 80kg

1992/02/23 25caps


コナー・マレー

マンスター/ギャリーオーウェン

188cm / 93kg

1989/04/20 105caps


クレイグ・ケイシー

マンスター/シャノン

165cm / 76kg

1999/04/19 10caps



SO

ジョナサン・セクストン

レンスター/セイント・メアリー大学

188cm 90kg

1985/07/11 113caps


ロス・バーン

レンスター/UCD・ダブリンRFC

191cm 92kg

1995/04/08 19caps


ジャック・クロウリー

マンスター/コーク・コンスティチューション

185cm 89kg

2000/01/13 0cap



CTB

バンディー・アキ

コナート/ガルウェイジャンズ

178cm 102kg

1990/04/07 46caps


ロビー・ヘンショー

レンスター/ブキャニアーズ

191cm 99kg

1993/06/12 63caps


スチュアート・マクロスキー

ウルスター/バンゴー

193cm 111kg

1992/08/06 12caps


ギャリー・リングローズ

レンスター/UCD・ダブリンRFC

188cm 96kg

1995/01/26 50caps


シアラン・フロウリー

レンスター/UCD・ダブリンRFC

191cm 98kg

1997/12/04 0cap



WT

キース・アールズ

マンスター/ヤング・マンスター

178cm 87kg

1987/10/02 98caps


マック・ハンセン

コナート/コリンシアンズ

185cm 89kg

2000/01/13 14caps


ジェームズ・ロウ

レンスター/タスマン(ニュージーランド)

188cm 106kg

1992/07/08 20caps


ジェイコブ・ストックデール

ウルスター/ラーガン

191cm 102kg

1996/04/03 35caps



FB

ヒューゴ・キーナン

レンスター/UCD・ダブリンRFC

185cm 92kg

1996/06/18 30caps


ジミー・オブライエンJimmy O’Brien (Leinster/Naas)

レンスター/ナース

183cm 89kg

1996/11/27 5caps


ジェイミー・オズボーン

レンスター/ナース

193cm 97kg

2001/11/16 0cap




以上42名がアイルランド代表合宿に召集されているメンバーで、この中から2023ラグビーワールドカップメンバーが選出されます。

アイルランドは7月いっぱい合宿を行い、8月にイタリア、イングランド、サモアと強化試合を行なって、9月9日ルーマニアとの初戦を迎えます。

アイルランド代表の注目選手は、2022年ワールドラグビー最優秀選手に選ばれたフランカーの

ジョシュ・ファン・デル・フリール、10年近く現役最高のハーフコンビと名高いマレーとセクストンのコンビ、さらにここ数年起用されて屈強なフォワード陣をさらにアグレッシブに使うスクラムハーフのギブソン=パーク、敵陣を圧倒的なランで切り裂くセンターのバンディー・アキやジェームズ・ロウ、キース・アールズ、ジェイコム・ストックデールといったバックスもとても強力で、全選手が注目と言っても過言ではありませんが、

おそらくNo.8で出場する、カエラン・ドリスが注目です。

まだ25歳という若さですが、高い突破力とタフなディフェンスは紛れもなく現在のアイルランドの強さを支える屋台骨の一つです。

アイルランドのラグビーは伝統的に精緻なパスと強力なフィジカルをベースにして、フォワードでゴリ押ししていくスタイルで、ニュージーランドや日本のようなスピーディーな展開のラグビーとは異なって、いわば玄人好みのラグビーを展開することが多いですが、世界最強に上り詰めるまで練り上げられた屈強なラグビーを是非堪能ください!


このウェブサイトは株式会社WASABIZによって運営されています。無断複製、転載を禁止します。


Comments


bottom of page