top of page
  • Yasuhiro Koma

ラグビー ニュージーランド代表


1903年にオーストラリアと初のテストマッチをしてから2022年12月に行われた日本とのテストマッチまでの戦績は625戦480勝122敗23分。勝率76.8%と驚愕の成績を残し、ラグビー界に君臨するニュージーランド代表。上下黒でデザインされたジャージを着用しており、通称”オールブラックス”と呼ばれています。

2023年5月31日現在の世界ランキングは3位。世代交代してから急成長を遂げたアイルランド、フランスに次いで3位と、2009年11月16日付から2019年8月12日付まで、509週連続で1位を記録していたニュージーランドにしては低い順位に見えますが、2022年にアイルランドに2敗、アルゼンチンに1敗した際は5位に下がっていましたので、W杯に向けて確実に復調してきています。

2023W杯に向けたメンバーはまだ発表されてませんが(記事執筆現在)、W杯参加が多数含まれるであろう2022年の遠征メンバー紹介をしていきます。



▪️FW 20名

PR

ジョージ・バウワー

クルセイダーズ Taita College

183cm / 115kg

1992/5/28 19caps


ネポ・ラウララ

ブルーズ Wesley College

184cm / 116kg

1991/6/11 45caps


エイダン・ロス

チーフス Tauranga Boy’s College

189cm / 111kg

1995/10/25 1cap


アンガス・タアヴァオ

チーフス Dilworth School

194cm / 124kg

1990/3/22 22caps


カール・トゥイヌカフェ

モンペリエ Wesley College

182cm / 135kg

1993/2/21 27caps


オファ・トゥンガファシ

ブルーズ Mangere College

193cm / 122kg

1992/4/19 50caps



HO

デイン・コールズ

ハリケーンズ Wellington College

184cm / 110kg

1986/12/10 82caps


サミソニ・タウケイアホ

チーフス St.`Pauls Collegiate School

183cm / 115kg

1997/8/8 21caps


コーディ・テイラー

クルセイダーズ Feidling High Schoo;

183cm / 108kg

1991/3/31 75caps



LO

スコット・バレット

クルセイダーズ Francis Douglas Memorial College

197cm / 111kg

1993/11/20 60caps


ジョシュ・ロード

チーフス Hamilton Boy’s High School

202cm / 110kg

2001/01/17 2caps


ブロディー・レタリック

チーフス Christchurch Boy’s High School

204cm / 124kg

1991/05/31 100caps


トゥポウ・ヴァアイ

チーフス Wesley College

198cm / 118kg

2000/01/27 18caps


サミュエル・ホワイトロック

クルセイダーズ Feilding High School

202cm / 117kg

1988/10/12 143caps



FL/No8

サム・ケイン

チーフス Tauranga Boy’s College

189cm / 108kg

1992/01/13 86caps


アキラ・イオアネ

ブルーズ Auckland Grammar School

194cm / 113kg

1995/06/16 22caps


ダルトン・パパリ

ブルーズ St.Kentigern College

193cm / 113kg

1997/10/11 22caps


アーディ・サヴェア

ハリケーンズ Rongotai College

188cm / 102kg

1993/10/14 70caps


ホスキンス・ソトゥトゥ

ブルーズ Sacred Heart College

1998/07/12 14caps


ピタ・ガス・ソワクラ

チーフス Central College Lautoka

1994/10/26 2caps



▪️BK 16名

SH

フィンレイ・クリスティ

ブルーズ Saint Kentigern College

1995/09/19 14caps


フォラウ・ファカタヴァ

ハイランダーズ Hastings Boy’s High School

1999/12/16 2caps


アーロン・スミス

ハイランダーズ Feeding High School

1988/11/21 114caps



SO

ボーデン・バレット

ブルーズ Francis Douglas Memorial College

1991/05/27 112caps


リッチー・モウンガ

クルセイダーズ St.Andrew’s College

1994/05/25 44caps


スティーブン・ペロフェタ

ブルーズ Whanganui Collgiate School

1997/03/12 3caps



CTB

ジャック・グッドヒュー

クルセイダーズ Mount Albert Grammer School

1995/06/13 19caps


ダビド・ハビリ

クルセイダーズ Nelson College

1994/12/23 25caps


リーコ・イオアネ

ブルーズ Auckland Grammar School

1997/03/18 59caps


ロジャー・ツイヴァサ・シェック

ブルーズ Otahuhu College

1993/06/05 3caps


クイン・トゥパエア

チーフス Hamilton Boy’s High School

1999/05/10 9caps



WTB/FB

ジョーディー・バレット

ハリケーンズ Francis Douglas Memorial College

1997/02/17 48caps


セレブ・クラーク

ブルーズ Mount Albert Grammer School

1999/03/29 15caps


レスター・ファインガアヌク

クルセイダーズ Nelson College

1999/10/11 2caps


ウィル・ジョーダン

クルセイダーズ Christchurch Boy’s High School

1998/02/24 21caps


セブ・リース

クルセイダーズ Hamilton Boy’s High School

1997/02/13 23caps



以上36名が2022年のニュージーランド代表になります。

この36名のうち、プロップのカール・トゥイヌカフェがフランスTOP14の強豪チーム「モンペリエ」にしているため代表から外れることになりますが、トゥイヌカフェの穴を埋める選手を選出して、7月から始まるザ・ラグビーチャンピオンシップを戦った、W杯メンバーが決定されます。



ニュージーランド代表の注目選手は、ズバリ全員です!

これは適当なことを言っているわけではなく、本当に全員が注目選手です。

オールブラックスの特徴は、全員のラグビースキルがどのポジションでも高いレベルを有していること、フォワードはバックス並みの走力とボールハンドリングを持っていますし、バックスも相手タックルに当たり負けない体の強さと突破力を有しています。

そして、ピッチ上にいる15人は試合終了のホイッスルまで一瞬たりとも気を抜かず、手も抜かずに攻め続けて、自陣を守り抜くのです。

ボールを持った選手をサポートする、これはラグビーのプレイに於いて基本的なスタンスです。この最も基本的なことを、手厚く、強力な選手たちが行う、これがニュージーランドの強さの一因であると言えます。



さりとて、オールブラックスの中でも別格のラグビーを見せる選手が、おそらくW杯でも先発スクラムハーフで多く出場するであろうアーロン・スミスです。

スクラムハーフの役割は攻撃の起点となるパスを出して、味方を操っていくことですが

オールブラックスで114試合に出場しているアーロン・スミスは経験も、スキルも、ゲーム視野も、あらゆる要素でトップレベルのスクラムハーフであり続けている選手です。

今年で35歳になるアーロン・スミスも、おそらくキャリア最後のW杯になると思われます。

もう一人別格の動きを見せるのは、ウィング/フルバックのウィル・ジョーダンです。

ネヘ・ミルナースカッター、リーコ・イオアネ、に続くトライゲッターのジョーダンは

圧倒的な嗅覚とスピードでボールに飛びつき、勝負どころでトライを決める様は猟犬のようです。

2022年は偏頭痛に悩まされてオールブラックスの北半球遠征ツアーにも参加できませんでしたが、2023年5月にスーパーラグビーで復帰し、いつもの飛び出しからの鋭いランとパスでチームメイトであり同じくオールブラックスのレスター・ファインガアヌクのトライをアシストする活躍を見せています。このまま調子を上げてW杯でも活躍してほしいです!


このウェブサイトは株式会社WASABIZによって運営されています。無断複製、転載を禁止します。


Comments


bottom of page